「肢体不自由児援護表彰」事業

肢体不自由児を援護した方や、模範となる肢体不自由児を表彰し、肢体不自由児愛護療育思想の普及を図ります。

平成30年度「肢体不自由児援護表彰」被表彰者募集

表彰の対象

表彰対象は、以下のいずれかに該当する個人又は団体とします。

  1. 身体の障害にも関わらず勉学や療育に励んだ肢体不自由児で、
    ア.中・高等学校の最終学年に在籍する肢体不自由児で、学業に精錬し、課外活動等についても中心となって積極的に活動している方
    イ.学年を問わず、何らかの顕著な功績を残した方
  2. 肢体不自由児の友を3年以上(前課程からの継続年数を含む)にわたって助け、励ましながら共に学んだ児童・生徒(小・中・高校生)
  3. 概ね10年以上にわたって肢体不自由児の療育・指導に功績のあった方
  4. 肢体不自由児の親として、他の模範となる努力や研さんをした方

対象者の選定及び被表彰者数

推薦に基づき本協会において選定を行います。
被表彰者数は対象者の上記各項目、各号について3~4人程度とします。

被表彰者を推薦される方は、以下の申請用紙をご記入の上、平成31年1月25日(金)までに本協会に提出してください。

第66回手足の不自由な子どもを育てる運動要項(PDF)
H30表彰実施要項(PDF)
H30援護表彰推薦書(PDF)