社会参加体験交流研修事業

令和2年度社会参加体験交流研修会を行いました

1.趣旨   肢体不自由児者の社会参加を促進するため、障害者と保護者がそれぞれの立場から意見発表、
社会参加の活動を進めるうえでの課題について研鑽することを目的とする。

2.主催   新潟県肢体不自由児者父母の会連合会・新潟市南区肢体不自由児者父母の会

3.後援   公益財団法人新潟県肢体不自由児協会

4.実施期日 令和2年10月21日(水)

5.会場   南区白根健康福祉センター

6.参加者  社会参加体験障害者とその保護者、各地区肢体不自由児者父母の会の会員、社会参加支援ボランティア等
合計25名

7.内容   体験発表
新潟市南区肢体不自由児者父母の会(御本人及び保護者)
長岡市肢体不自由児者父母の会(御本人及び保護者)
※出生時の手術や学生生活、現在の在宅ワークやコロナウイルス禍での通所施設での作業のお話などを発表して
頂きました。

懇談会(昼食含む)